クレジットカードのショッピング枠が現金化される仕組みを解説いたします。

MENU

再注目のクレジットカード現金化

銀行カードローンは2018年になって自主規制が始まり厳しくなりました。
緩かった審査も所得証明書の提出が求められ、年収に応じた金額しか貸して貰えないようになっています。
消費者金融と変わらない金額にまで下がり、審査も厳しくなった銀行カードローンは利便性が下がったと言えるでしょう。

 

キャッシングや消費者金融からは上限までお金を借りており、銀行カードローンも利用出来ないとなると八方塞がりです。
そこで近年に再注目されているのがクレジットカード現金化です。
気軽に現金化が行えて、厳しい審査も無いのが現代に生きる人の需要にマッチしているのです。
ここではクレジットカード現金化の概要や仕組みについて触れてみたいと思います。

 

クレジットカード現金化の概要

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を現金化することです。
良く分からない人のために簡単に噛み砕いて紹介したいと思います。

 

まず、クレジットカードにはネットショッピングなどに利用するショッピング枠というものが設定されています。

 

ショッピング枠はクレジットカードを作成する際に上限設定を行い、手続きすれば上限を変更できるようになっているのです。
例えば、ショッピング枠が100万の設定なら、毎月100万円をクレジットカードで利用出来ます。
しかし、1つルールがあり、ショッピング枠はネットショッピングやネットでの支払いにしか対応していないのです。
結婚式のご祝儀を用意したい、現金しか使えない買い物がある、という状況ではショッピング枠は無価値でしょう。

 

そこで登場するのがクレジットカード現金化を行う業者です。
業者に依頼すれば、クレジットカードのショッピング枠を現金化してもらえるのです。
手数料として10%から20%が発生しますが、確実に現金が手に入るメリットは大きいでしょう。
仮に10万円を利用すれば8万円程度が口座に振り込まれるようになっています。

 

クレジットカード現金化はネットから申し込みが可能で、早ければ15分程度で現金が振り込まれます。
24時間受付をおこなっている業者も多くなっており利便性は銀行とは比べ物になりません。
ちなみに、クレジットカードさえ持っていれば無職でも利用可能なので審査などまったく無いのも特徴です。

 

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みとは

どのような仕組みでクレジットカードのショッピング枠が現金化されるのでしょうか?

 

よくある仕組みなのがキャッシュバック方式です。
業者が指定するネットショップで買い物を行い、そこで利用した金額の80%から90%が指定の口座に振り込まれるのです。
もっと具体的に書くと、10万円で商品を買った後に8万円のキャッシュバックが行われることです。
これによりネットの支払いにしか利用出来なかったショッピング枠のお金が、現金として口座に振り込まれます。

 

ショッピング枠は翌月の指定日に引き落としになるので、それまでにお金を口座に入れておけば問題ありません。
このようにクレジットカード現金化をうまく利用すれば、消費者金融などよりも安く、かつ素早く現金を入手できるでしょう。