クレジットカード現金化を個人で行うリスクへの理解を深めましょう。

MENU

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化の様子

 

クレジットカードには買い物をする際に使うショッピング枠と、お金を借りるためのキャッシング枠があります。
本来ショッピング枠とは、商品の支払いをクレジットカード会社が一時的に立て替えることで、利用者の利便性を向上させるものです。
そのためショッピング枠の使用は商品の購入に限定されています。

 

しかし最近はクレジット現金化と呼ばれる、ショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法が広まっています。
通常は専門の業者を通して行うのですが、個人でもカードを使って商品を購入し売るだけで現金が手に入ります。
その手軽さから個人でも転売行為を行うクレジットカード利用者が後を絶ちません。

 

当然こうしたショッピング枠の悪用は、カード会社の規約でも禁止事項として定められています。
本ページでは、クレジットカード現金化の持つリスクについてまとめています。

 

 

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化は、カード会社の定める利用規約に違反した使用方法です。
当然、不正利用が発覚すればペナルティが下ります。

 

バレてしまうとカードの利用が停止されたり、ローンが組めなくなったり、未納分の支払いを一括請求されたりするため生活にも大きな支障をきたします。

 

ペナルティにどのようなものがあるのかしっかり把握しておきましょう。

 

クレジットカード利用停止(強制解約)

規約違反の可能性が疑われると、一時的にカードの利用を停止させられます。
現金化を行っていない、あるいは行っていてもバレなければ利用の停止とはなりません。

 

強制解約となれば信用情報に傷がついてしまうため更に苦しい状況に立たされます。

 

信用情報に傷がつくと出てくる影響
・他で契約しているクレジットカードの契約停止
・ローンが組めない
・新しくカードを作れない

 

一括請求

カード会社との契約が破棄されると、未納分の利用金額を一括で返済するよう求められます。
お金が払えないために現金化を行っていたはずが、これまでの使った金額の請求まで重くのしかかってきます。

 

自己破産しても借金が残る可能性

借金を返せなくなった人が、裁判所に支払いが行えないことを認めてもらい借金を免除してもらう手続きを自己破産と言います。
自己破産は破産した人の財産を全て清算し、それでも返せない部分を免除することで借金に苦しむ人を救済する手段です。

 

しかし、どんな条件でも借金をゼロに戻してくれるわけでもありません。
ギャンブルが原因で借金をしたり、財産を清算する際に虚偽の報告を行ったりした場合は借金は残ってしまいます。

 

クレジットカード現金化が裁判所に発覚した場合も、同様に借金が残ってしまいます。
裁判所ではクレジットカードを利用して現金を手に入れた事実までは把握できません。
しかし個人でクレジット現金化を目的に、同じ商品を何度も購入したり、換金目的と疑われるような高額商品を購入したりしていた場合は、裁判所から現金化について問われる可能性があります。