個人でクレジットカード現金化をするときに利用したい換金率の高い商品を紹介します。

MENU

現金化におすすめな商品

クレジットカード現金化の手続きの流れでは、専門の業者を介して行う方法と個人で現金を引き出す方法に触れています。
本ページでは個人で現金化を行う際に、利用しやすく換金率の高い商品をまとめています。

 

ブランド品

ブランド品の時計

ブランドの洋服、時計、バック、靴といった商品です。
これらは換金率が6割程とそこそこ高く、クレジットカードで購入する人が多いため、換金目的での購入がバレにくい商品です。

 

また買取市場が出来上がっており、業者が多いため換金に適しています。

 

中でも時計は、服やバッグに比べると流行の影響を受けにくく、装飾品の素材にも価値が付くためおすすめです。

 

ブランド品を使って現金化する上での注意点は、値の変動が激しく一般人には相場の把握が難しい点です。
売りたい商品の需要やブランドの流行を正確に把握していないと換金率がグンと落ちてしまいます。

 

ブランド品で現金化を狙う際は、事前に十分なリサーチをしておきましょう。

 

ゲーム関連の商品

ゲームで遊ぶ人

ゲーム関連の商品も、カード会社から疑われにくいメリットがあります。
通常の換金率は6割程ですが、状況によっては購入額を超えることもあります。
ゲーム機やソフトの発売時期は、購入金額より高く売れることもあるため転売合戦が以前より行われています。

 

しかし少しでも時間が経つと、ブランド品のように相場が戻ってくることはなく、買取金額は落ちていく一方です。
そのため手放すタイミングを誤れば、換金率が5割を切ってしまうこともよくあります。

 

またゲームソフトに関しては、ダウンロード版の購入が一般的になりつつあります。
以前まで発売直後や品薄が続いた際は、一時的に転売目的で買われたソフトが高い換金率で売買されていました。
しかし最近では店頭に並ばなくてもソフトの購入が行え、小売店の用意している商品の数は関係がないため難しくなっています。

 

商品券

現金とほぼ同じように、商品の購入が行えるため8割から9割の高い換金率で取引されている商品です。

 

商品券を現金に変える方法はあまりに有名なため、当然カード会社の目も厳しくなっています。
現金化対策としてクレジットカードで購入できない商品券も存在しています。

 

またカードで購入のできる商品券であっても、購入件数が多い場合は換金目的と判断され、利用停止されることもあります。
最近では、Amazonギフト券やiTunesカードといった電子商品券の現金化が流行しています。

 

新幹線の回数券

商品券と似たようなものだと思われるかもしれませんが、実は回数券の換金率は非常に高く、人気区間のものは9割程で安定して売買されています。
商品券とは異なりクレジットカードによる購入に制限はありませんが、カードの利用停止措置を受ける可能性は非常に高いです。

 

昔から換金のために使われている手法であり、今も高い換金率で売買が行われているためカード会社の監視も強くなっています。
現金が欲しい場合は魅力的な商品ですが、クレジットカードが利用停止する可能性が高いため辞めておいた方が賢明です。