クレジットカード現金化を行うために必要な手続きの流れを紹介します。

MENU

現金化手続きの流れ

現金化の手順を説明

クレジットカード現金化について皆さんはどのくらいご存知でしょうか?
そもそもクレジットカードには、商品の購入をカード会社が立て替える「ショッピング枠
」と、借り入れを行える「キャッシング枠」があります。
どちらも設定した金額を上限として、利用することのできるシステムです。

 

今回ご説明するクレジットカード現金化は、「ショッピング枠」を利用して現金を手に入れることのできるサービスを指します。
現金化は審査がないため手軽に申し込みができ、入金までのスピードも早いのが特徴です。
加えて、借入の履歴が情報機関に残らないこともあり、クレジットカード現金化を利用する人が今も増えています。

 

どのカード会社でも現金化は禁止されており、発覚すれは相応のペナルティが待っているため取り扱いには注意が必要です。

 

 

クレジットカード現金化の方法は2つ

クレジットカード現金化は、一般的に専門の業者を通して行われています。
また業者を通して現金化する方法は、「キャッシュバック方式」と「買取方式」の2つがあります。

 

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は、業者から指定された商品をショッピング枠を利用して購入し、キャッシュバックとして現金を受け取ります。

 

キャッシュバック型の手順

 

  1. 専門業者のホムページから申し込みを行います
  2. 振込口座や個人情報を入力し、本人確認を行います
  3. クレジットカードのショッピング枠を使い、指定された商品の購入を行います
  4. キャッシュバックとして口座に振り込まれます

 

買取方式

買取方式は、業者から指定された商品をショッピング枠を利用して購入し、業者から買い戻してもらうことで現金を受け取ります。

 

買取型の手順

 

  1. 専門業者のホムページから申し込み、もしくは業者の元へ足を運びます
  2. クレジットカードのショッピング枠を使い、指定商品の購入を行います
  3. 購入した商品は、すぐ買い戻してもらい現金を受け取ります

 

 

自分で現金化することも可能

現金化する際は、専門の業者を通して行うケースが一般的だと話をしました。
しかし、業者を通じて現金化することに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
現金が必要だけど、業者を使うのは避けたいという方は、自分で現金化を行いましょう。

 

自分で現金化する手順

 

  1. 換金率の良い商品を探します
  2. 見つけた商品をレジットカードのショッピング枠を使い、購入します
  3. 購入した商品が届いたら、買取店に持っていき売却します

 

専門業者を利用する際は、指定されたものを購入するだけでしたが、個人で現金化を行う際はなるべく買値に近い金額で売れそうな商品を探すところから始まります。
商品が到着したら、中古品を買い取っている店に持ち込むか、オークションサイトなどを利用して売却先を探します。
業者の現金化サービスは申し込みから入金までが即日であることも多いですが、個人で行うと手間が掛かってしまいます。
多少時間が掛かったり、換金率が落ちたりしても問題なければ、個人で挑戦しても良いでしょう。