多重債務を解決するには弁護士に相談して債務整理に関するアドバイスを受けましょう。

MENU

多重債務になったら

銀行カードローンで既に年収を超える借金をしては居ないでしょうか?
年収の3分の1を超える借金は、返済するのが極めて困難だとされています。
仮に年収が300万なら、借金の総額が100万を超えると厳しくなって来るでしょう。

 

消費者金融や銀行などへの返済を気にする毎日では、気が休まる時がありません。
そんな多重債務者になってしまったらどうすれば良いでしょうか?
ここでは借金を抱えて右往左往している多重債務者が救われる道をまとめたいと思います。
借金で頭を抱えている人は必見です。

 

借金が返済出来なくなったら債務整理

任意整理に対応する弁護士

借金が10万円などの少額であれば、そこまで大きな問題にはならないでしょう。
少し時間を掛ければ簡単に完済出来てしまいます。

 

問題になるのは年収の3分の1を超える借金をした時でしょう。
これはなかなか完済するのが難しい金額で、多重債務者の場合は致命的とも言える状況となります。

 

もし、借金が返済できないと感じたら、すぐに弁護士へ相談するようにしましょう。
弁護士と聞くと裁判などのイメージが強いですが、実は借金に苦しむ人のサポートも行っているのです。
借金の総額が100万程度であれば司法書士へ相談するのも良いです。

 

お金の問題はデリケートで家族や友人に相談しにくい性質を持っています。
しかし、放置していれば借金の問題は悪化するだけなので、とにかく第三者への相談が必要です。
債務整理を行うなら弁護士へ相談するということを覚えておいてください。

 

任意整理を行う

借金問題を弁護士へ相談すると、任意整理という選択肢が出て来ます。
これは現在借金している金額に対して金利が発生しないように要請し、3年から5年かけて返済を行う法律です。

 

金利が一切発生しなくなるので、返済を続ければ確実に完済まで辿り着けるでしょう。
年収と同額程度の借金であれば任意整理で完済する道を選べるのです。
ただし、5年から10年は金融機関のブラックリストに入るので覚悟しておいてください。
借金の完済を行えることを考えれば大きな問題にはなりません。

 

自己破産

借金の総額が年収を大きく超えるようなら自己破産を考える状況だと言えます。
大きな収入が期待出来るなら別ですが、普通に働くだけでは解決出来ないことが多いです。
銀行カードローンでは、しばしば年収を大きく超える借金を作ってしまいがちです。

 

返済が不可能な状況になった場合は、弁護士に依頼して自己破産を考えた方が良いでしょう。
自己破産すれば現在の借金は無くなるので、新しい生活をスタートさせられます。
金融機関のブラックリストに入り、国が発行する官報に載ってしまいますが些細なことです。
借金から解放されるメリットを考えれば許容範囲です。
自己破産の手続きは弁護士が行ってくれるので、まずは最寄りの事務所へ相談へ行きましょう。