総量規制は返済能力を超えた借金を抱えないよう作られた法律です。

MENU

銀行が総量規制対象外の理由

時代は移り変わるもので、数年も経過すれば昔の常識は通用しなくなるものです。
今回、ぜひとも知っておきたいのが銀行カードローンの終焉です。
銀行系カードローンはお金に困っている人の中では、非常に頼りがいのあるものでした。
それもそのはずで、銀行カードローンには総量規制の対象外だったからです。
簡単に言うと、上限無しで借りられる銀行カードローンという状態で非常に魅力的だったのです。

 

しかし、そんな銀行カードローンは終焉を迎えようとしています。
一方で、逆に注目を浴びているのがクレジットカード現金化です。
銀行カードローンが総量規制対象外になっていた理由と、それが終焉に向かっている理由を紹介したいと思います。

 

そもそも総量規制とは?

法律のイメージ画像

まずは総量規制がどのようなものかを把握しておきましょう。
消費者金融やキャッシングなどは賃金業法、つまりお金を貸す法律で運用されています。

 

2010年6月17日まではグレーゾーン金利というものが存在しており、法律の抜け穴を利用した違法金利が蔓延していました。
これにより多重債務者が爆発的に増加してしまい、社会問題になっていたのです。
その後、グレーゾーン金利は廃止され、新しく「総量規制」という賃金業法が成立しました。
ここまでの話を要約すると、グレーゾーン金利により多重債務者が増えた結果、それを取り締まる総量規制が生まれたということです。

 

さて、本題である総量規制とは何なのかを紹介したいと思います。
総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を貸してはいけない法律です。

例えば、年収が600万の人は200万まで、年収が300万の人は100万までしか借りられないことになります。
借金の上限が決まったことで、返済能力を超えたお金を借りないようにしたのです。
総量規制が出来る前は実質貸し放題だったので、返済出来ずに借金地獄になる人が多かったのです。
違法は借金取り立てや減らない金利に苦悩して命を絶ってしまう人が出るなど、非常に根深い社会問題を誘発しました。

 

しかし、総量規制が出来てからは年収の3分の1までしか借りられないので、借金地獄になるようなリスクは減ったのです。

 

 

銀行カードローンは総量規制の対象外

返済能力を超えた借金をさせないようにする総量規制は、一般の利用者を守る法律でした。
ですが、これが銀行カードローンの対象外になっているのです。

 

どうして銀行カードローンは対象外になるのかというと、銀行法で運用されているからです。
総量規制は賃金業法に適応されたもので、消費者金融やキャッシングなどのお金貸しに課せられた法律です。
一方の銀行は、銀行法で運用されているので総量規制の対象にはならないのです。

 

これがどのような問題を引き起こすか見てみましょう。
例えば、年収300万の人が消費者金融で100万を借りるとします。
この時点で総量規制に引っかかるので、これ以上お金を借りることは出来ません。
しかし、借金100万を抱えた状態で銀行カードローンを利用したらどうなるでしょうか?
銀行カードローンでは総量規制が無いので、審査さえ通過すれば追加で100万を借金することも可能です。
こうなると年収300万の人が合計で200万の借金をすることになり、多重債務者になるリスクが高まってしまいます。

 

多重債務者を減らすために作った総量規制に、銀行カードローンは穴を開けている状態だと言えるでしょう。

 

 

 

銀行カードローンの終焉と再注目のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化が再注目

銀行カードローンは総量規制の対象外であり、これ以上消費者金融で借金を増やせない人の逃げ場所でした。
そんな現実が浮き彫りになってきた結果、2016年9月には日本弁護士連合会が「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を内閣府へ提出したのです。
お金を貸し放題であった銀行は、こうした指摘や世論の声を受けて自主規制する方向へと動いています。
つまり、総量規制の対象外で好き放題貸していた銀行が自粛し始めたのです。

 

ここで再注目されたのがクレジットカード現金化です。
ネットショッピングなどを行い、キャッシュバックという名目で現金を払い戻してもらうこの方法はスマホさえあれば手続きが行えます。
手軽さや24時間対応のメリットも伴い、銀行カードローンに変わる現金に入手方法として注目されています。
今までも活用されてきたクレジットカード現金化が、銀行の自主規制により脚光を浴びるようになったと言えます。